2006年10月16日 (月)

男声合唱

米原で、集まったのは8名。

これで、4部に分かれて合唱しようというのです。

ましてや、一人は、指揮者。

練習開始にあたって、指揮者から声がかかる。

トップ(トップテノール:一番高い音域)を

やっていただけませんか。

今日の参加者の状態では、

トップテノール兼指揮者:1名

セカンドテノール:1名

バリトン:3名

ベース:3名

私は、ベースのなかの一人。

状況からみると誰かがトップを

やらないとなと思う。

トップテノールに挑戦してみる。

練習不足で、あまりうまくいかないが、

裏声(ファルセット)も使って

何とかごまかす。

多田 武彦氏作曲の組曲から

30名以上で歌い、完成すれば

いい曲には違いない。

練習の後半は、童謡

「鯉のぼり」「故郷(うさぎ追いし・・・)」

「春の小川」となる。

指揮者が、トップをうたうので、

今度は、指揮を頼むとのこと。

童謡は、メロディがわかっているので、

何とかなるかと。手を振ってみた。

参加者みんなの協力で、荒削りだが

少し、合唱になったような気がする。

参加者みんなが主役の合唱団。

関東地域では、20名以上で、

同じ曲を練習している。

気長に、少しずつ前進したいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

健康 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味