トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

いろいろ

この一週習慣「思いつくまま」への投稿は、

ままならなかったが、「ちゅんちゅく」の周りは

いろいろありました。

「桜が丘・押部谷九条の会」の11/3成功めざす取組。

「消費税をなくす西区の会」の宣伝・署名行動

にも参加しました。

そのことは、それぞれの「ブログ」に譲るとして、

残るは、やはり「歌」(「音楽」)でしょうか。

時間ができたらやってみたいもの。

「ハーモニカ」「ギター」はやはり楽しんでみたい。

最近「クロマチックハーモニカ」があることを知った。

どんなものかぜひいつか手にしてみたい。

「ギター」は、私の子どもたちも含め、多くの友人

も楽しんでいる。これもいつかは、楽しめるように。

同時に「何をいまさら」という声も聞こえてくる。

3年後、5年後にどうなっているか。

あせらず、気長に、楽しく人生を送りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

ナターシャ合唱団(2)

正式には、

「ナターシャ・グジーさんと『ねがい』をうたう合唱団」

といいます。

三木労音の12月例会で「希望の灯」「ねがい」を

ナターシャさんと一緒に歌おうというのです。

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/mikiroon/topics.files/annai3.pdf

10月22日は、2回目の練習日

三木比奈子先生のご指導を受けました。

「笑顔で、楽しそうに、からだいっぱいリズミカル」

「音楽は楽しいよ」とからだ中で表現されている

すばらしい先生です。

でも、練習中発する言葉には圧倒されます。

「緊張感をもって」「気合を入れて」「興奮して」

「パワーが足りない」「からだをはって」「命がけて」

舞台での「一発勝負」常に最高の状態で表現する。

「専門家だなあ」「アマチュアだからこそ学ばないと」

思い知らされた2時間でした。

このところ、歌うことは趣味だから、

自分が楽しめればそれで、充分。

いまさら、うまくなるなんて望まなくても

ときどき集まる例の男声合唱団の態度

次回は、少し変わりそうです。

三木先生ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナターシャ合唱団(1)

「ナターシャ」ってなに?

ナターシャ・グジーさんのこと

チェリノブイリ原子力発電所の爆発事故で、6歳で被曝した

女性音楽家。

http://www.ongakucenter.co.jp/group/80

ウクライナのドニエプロペトロフスク州の村に生まれた。その後、家族とともにプリピャチに移住した。1986年4月26日のチェルノブイリ原子力発電所爆発事故で被爆、キエフに避難した。

ウクライナの民族楽器バンドゥーラの音色に魅せられ、8歳より音楽学校で学ぶ。チェルノブイリ原発事故で被災した少年少女を中心に結成された民族音楽団「チェルボナ・カリーナ」(赤いカリーナ)のメンバーとして、1986年、1988年に来日し、全国で救援コンサートを行う。

2000年からは日本語を学びながら日本での本格的な活動を開始。これまで300回を超えるコンサートに出演し、その透明で美しい水晶の歌声とバンドゥーラの可憐な響きは多くの聴衆のこころを惹きつけている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税学習会

「消費税学習会」に参加した。

「消費税の増税は、避けられない」

国会議員の大多数やマスコミの論調でも

「福祉目的税」として財源確保。

でも、消費税が導入されてから17年

「法人税率」をどんどん下げて

税収減を一方で、意識的につくっている。

国民から税金をとり、

大企業のもうけ、からは税金を取らなくする。

やっぱり、たくさんもうけた人(法人)は、

利益(の一部)を社会に還元(税金として納める)

するのが、民主主義・国民が主人公の国なら

当然だと思うんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「はばたけ!9条の心」集会 

10月20日(金) 「はばたけ9条の心」の宣伝行動

11月3日には、神戸・ワールド記念ホールいっぱいに

憲法9条の花が咲くでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

「まつぼっくり」のこと

少しぼんやりしている間に

時は流れていきますね。

今日は「まつぼっくり」のことを少し

まつぼっくりがあったとさ

高いお山にあったとさ

ころころころあったとさ

   おさるがひろってたべたとさ

そうそうこんな童謡です。

平均年齢60歳?の男女数人が月に一度

集まって、テーマソングの「歌」をうたったり、

「健康チェック(体脂肪測定や血圧測定や

塩分チェックや尿検査など)」

と体操(「ストレッチ体操」や「自力整体」)

をやってます。

時には「卓球大会」になるときも。

近くの病院から先生がきてくださって、

健康のこと、コミュニケーションのとりかたなど、

身体と精神の健康づくりに役立つお話をお聞きしたり

(アルコール依存症の話もあったかな)

そして、ひとしきり、お茶やお菓子でおしゃべり

近くの集会所で、自分とまわりの方の健康な生活

について考えるリラックスしたときを過ごしてます。

そうそう、11月生まれの方が2名いらっしゃるので、

「11月は、誕生会をしましょう」となったようです。

あなたも遊びにきませんか。

どなたでも参加できますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

男声合唱

米原で、集まったのは8名。

これで、4部に分かれて合唱しようというのです。

ましてや、一人は、指揮者。

練習開始にあたって、指揮者から声がかかる。

トップ(トップテノール:一番高い音域)を

やっていただけませんか。

今日の参加者の状態では、

トップテノール兼指揮者:1名

セカンドテノール:1名

バリトン:3名

ベース:3名

私は、ベースのなかの一人。

状況からみると誰かがトップを

やらないとなと思う。

トップテノールに挑戦してみる。

練習不足で、あまりうまくいかないが、

裏声(ファルセット)も使って

何とかごまかす。

多田 武彦氏作曲の組曲から

30名以上で歌い、完成すれば

いい曲には違いない。

練習の後半は、童謡

「鯉のぼり」「故郷(うさぎ追いし・・・)」

「春の小川」となる。

指揮者が、トップをうたうので、

今度は、指揮を頼むとのこと。

童謡は、メロディがわかっているので、

何とかなるかと。手を振ってみた。

参加者みんなの協力で、荒削りだが

少し、合唱になったような気がする。

参加者みんなが主役の合唱団。

関東地域では、20名以上で、

同じ曲を練習している。

気長に、少しずつ前進したいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年10月15日 (日)

「米原」行き

今日は、久しぶりの「米原」行きです。

ほぼ月に一度。

歌(男声合唱)と親睦食事(飲み)会です。

「米原」というのは、ほぼ昨年からですが。

学生時代にやっていたクラブの仲間です。

卒業後ほぼ40年。職場を定年退職した

先輩の呼びかけで、2000年から

年に一度(「総会」と称して)集まって

歌って、飲んで楽しんでます。

2年ほど前から、簡単な演奏会を

総会に合わせてやろう

ということになり、各地に有志が

集まって練習してるというわけです。

構成メンバーは、50代後半~60代

(もうすぐ70代)

歌っているときは気持ちよく

でも演奏会のできばえを聴いてみると

ヘタクソですね。

まあ、本人たちが楽しんでいれば、

いいかというところです。

もうすぐでかけます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

おかしなこと 世の中、政治 法律

これは、モモさんからのコメントに

少し反応した記事ですね。

男女平等:憲法には、そんな言葉

あたりまえすぎて書いてないと思います。

(あたりまえは、第2次世界大戦後ですが)

「国民」は・・・。とか「両性」の合意・・・・。とか

でも、モモさんがおっしゃるおかしなこと

いろいろありそうですね。

「男女雇用機会均等法」とか

「障害者自立支援法」とか

タイトルから受けるイメージと

中身(現実の扱い)が違うような

気がします。

少し、飛躍しますが、

私は、軍隊を明記して、

日本が戦争する国になるのは、

イヤなんです。

憲法九条があって、どんなに

世界の国から、信頼されているか。

世の中(歴史の流れ)

「差別から平等」へ、「戦争から平和」へ

ゆっくりでも確実にすすんでいると

思います。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年10月13日 (金)

困ったもんだ

「思いつくまま」に次の記事を

書こうとしたんだけど

どうすれば、この画面に到着できるのか

わからずにうろうろしました。

こんな人もいるんです。

初心者にやさしくわかりやすい

ブログは「ココログ」だと何かで

見たんですが。

次回は、すぐここにこられるか

自信はありませんが、

これも慣れの問題でしょうね。

新しい世界。

新しい挑戦。

ほんとうはこんなこと書くつのりで

新記事作成画面を探してたわけでは

ないんですが。

そうそう、驚いたこと、感激したこと

書いたらすぐ、コメントが飛び込んでたこと。

世の中すすんでるんですね。

(本文:普通⇒大)にしてみました。

どの程度大きくなるのかな。

(老眼人のつぶやき)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

はじめまして

何かよくわからないまま、ココログというブログなるものに、タイトルにあるように

思いつくままキーボードをたたいている。

これが、どのような、形で公開されるのか、

イメージがまだよくわからない。

来年64歳になったら、おそらく、今の職場にはいかなくても

よくなるでしょう。

自分で自由になる時間が増える。楽しみですね。

今まで、やってないことにも挑戦してみたい気もしますね。

仕事(お金にならない)でもないのにやってきたこと。

時間があまりとれずに、やれなかったこと。

そこそこ、健康で、元気なうちに、自由になる時間を持ちたいものです。

ブログもその一つかな。

どんな可能性があるものなのか。

よくわかっていないけど、すこしづつ、やりながら、必要なことは

覚えるでしょう。

無料で、思いつくまま、勝手に書いて、新しい出会いもれあれば、

それはそれで、いいでしょう。

とりあえず、ブログで、産声をあげてみました。

うまく育つでしょうか。

やってる本人がよくわかりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年11月 »